校正

校正とは、出版する原稿をまとめ、印刷物として製品化する前の最終チェックのことです。校正の手順は、基本的には原稿を文字打ち、またはデータを編集して作った校正紙(ゲラ)の内容を原稿と見比べて、確認します。ここではあくまでも、原稿に忠実に打たれているかを確認します。場合によっては原稿の書き間違いや勘違いによる誤りを直すこともあります。

サービス仕事の流れや手順
1 初校/打ったものを原稿と見比べて、間違いがないか確認し、レイアウトのチェックもします
2 再校/初校の修正を行った校正紙(ゲラ)と初校を見比べて、修正が確実に行われているかチェックします。
3 三校/再校の修正を行った校正紙(ゲラ)と再校を見比べる。回数は四校、五校と続くこともあります。
4 校了/校了とは校正完了の意味であり、お客様が最終チェックをして、誤りがないことを確認したという意味です。
また「責了」とは"責任校了"の意味で、お客様が指示した修正が、制作者の責任で修正されるのを条件に「校了」とするという意味です。
5

その他/上記の他に一人が原稿を読み、一人が校正紙を見る読み合わせ校正や、一人で校正紙を読んでいく素読み校正などがあり、誤りがあれば校正記号を用いて赤字で訂正をします。また、グラビア印刷における青焼校正やカラー物の色校正などがあります。しかし、一般的に校正とは文字校正を指す事が多いです。

サービス備考
出版物には誤りがないことが理想ですが、実際には人間が行っている以上、完全な校正を行うことは難しいです。このように後から発覚した誤りは、正誤表を折り込むか、もしくは刷り直しをする場合もあり、相当の注意力の必要な仕事です。


DTP
前のステップへ

 

お問い合わせ、お見積りはお気軽にどうぞ!
総合印刷、同人誌印刷、デザイン、印刷物の企画、構成、制作、印刷、無料見積もり、写真撮影、
画像やイラスト等のグラフィックデザイン、イラストレーション、オンデマンド印刷、オフセット印刷、DTP、
文字打ち、企画から制作、印刷まで一貫した印刷業務全般、それぞれの専門家が誠意を持って最高の印刷物に仕上げます。
本社/ 〒950-0134 新潟県新潟市江南区曙町3丁目5-5 TEL/025(383)3900(代) FAX/025(383)3909 
東京営業所/〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目17-2 第2江口ビル4F TEL/03(3834)3900 FAX/03(3834)3903
全国からご依頼お持ちしております。